フリーランスが契約締結で注意すべき点

フリーランスは業務委託契約を結ぶことが多い。業務委託契約とは、発注者がフリーランスなど外部に業務を委託する際、受注者との間で締結する契約である。契約の内容は、事前に業務委託契約書の中で明確にしておかなくてはならない。殊に報酬額については、納品件数毎に何円とか、消費税込みか税抜きかといった細かい点まで具体的に定めておくべきである。他にも交通費などの業務に必要な諸経費の負担など、金銭に関する事項を明確にしておかないと、後々トラブルの原因になりかねない。

業務範囲の取り決めも大切だ。発注者の中には、当初の説明とは異なる仕事を依頼したり、受注者が成果物を納品した後に別の仕事まで発注し、追加報酬を支払わないといった悪質なケースもあるからだ。業務委託契約書には特に決まった様式はないが、通常は発注者側が用意することになっている。そのため受注歴の浅い双方がフリーランスは、提示された内容に注意深く確認したいものだ。特に取引額の大きな契約をする場合は、事前に弁護士や司法書士などの専門職にも目を通してもらうと良い。双方が文書の内容に合意した上、署名と捺印をすれば契約成立となる。

なお、紙媒体の契約書は課税文書となっていて、収入印紙が必要な点に注意すべきである。税額は契約金額により異なるが、発注者と受注者の双方で負担するのが一般的だ。最近は電子契約での業務委託も増えており、こちらは印紙税は不要である。電子上なら時間やコストを削減できる上、情報漏洩や紛失のリスクを低減できるといったメリットも得られる。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031